痛風の予防を意識して行なう|食習慣が決める未来

病気の診断に使われる

サプリメント

診断時に重要視されている

病院で血液検査にいくと、検査結果の中にHbA1cという項目があります。これはヘモグロビンa1cと呼ばれており、血管の中でブドウ糖とヘモグロビンが結合したものです。ヘモグロビンa1cは、身体の血糖コントロールがしっかりできているか判断するための指標となっています。また、普段の食事量や時間に左右されずに血糖状態を把握することができるため、平均的な血糖状態を調べるときに重要な項目となっています。ヘモグロビンa1cは、数値が高い程、糖尿病の恐れがあるといわれています。ヘモグロビンa1cを知ることによって将来、糖尿病の発症や、脳卒中、心疾患などの危険な病気の予測ができるようになると言われており、研究が進められています。

血糖値を抑えるには

ヘモグロビンa1cの数値が、病気を診断するうえで重要な数値ということがわかりましたが、血糖値を抑えるには様々な対策を行う必要があります。毎日の食事管理と運動はもちろんのこと、自分に合った血糖値対策を行う必要がでてきます。しかし、食事管理をする暇や運動する時間がない人もいます。そういった場合、食事と一緒に摂ることで糖の吸収を穏やかにするサプリメントなどを活用する方法が手軽で人気があります。また、飲み物をお茶に変えるだけでも、さらなる効果が期待できます。お茶の中では、緑茶やギムネマ茶、たんぽぽ茶にガルシニア茶、グァバ茶など様々な飲み物があります。どれも健康食品として販売されているものが多く、ドラッグストアやスーパーでも手軽に購入できる物ばかりなので、人気です。