痛風の予防を意識して行なう|食習慣が決める未来

年齢は関係ない

シニア

女性ホルモンのバランス

40代後半から10年ほどの間に起こってくる心身の不定愁訴を更年期障害と言います。しかし最近では、20代、30代の若い女性でも更年期障害と同じような症状が出てきていることがあります。これを若年性更年期障害と言い、患者数は増加する傾向にあります。特徴として、更年期障害特有のほてりやのぼせ、多汗、イライラ、うつのような症状、倦怠感やベッドから起き上がることが出来ないというようなものがあります。女性の社会進出も盛んになり、仕事でストレスがたまったり、過度なダイエット、睡眠不足などが女性ホルモンのバランスを崩してしまうことで発症してしまうと言われています。早めに治療を受けることも大事ですが、サプリを利用して症状の改善や軽減をはかることもできるのです。

自分で改善出来る方法

女性ホルモンの分泌量が減っているのなら、その分を身体の外から補うためにサプリを利用してみましょう。成分の中に体内で女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンやローヤルゼリー、精神的なバランスを保つ働きのあるプラセンタ、精神の安定と同時に血液の循環を促進するビタミンB6などが配合されているサプリを選ぶようにすると良いでしょう。サプリを利用して女性ホルモンのバランスを整えながら、睡眠不足の改善やストレスを解消するようにすることで相乗効果が期待できます。これからも女性の社会での役割は大きくなっていきます。日頃から自分の抱えているストレスを改善したり、サプリを利用することで体調を整えておくことが重要になってきます。